スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アイルランドの壁画

「三年前に起きた北アイルランド・アントリムでの兵士射殺事件の容疑者に有罪判決」

というのが今日のトップニュースのひとつでした。
ピザの宅配を受け取りに兵舎の門から出た二人の兵士を、待ち伏せしていたリパブリカン過激派(北アイルランドとアイルランド共和国の統一を目指す)が射殺したという事件です。至近距離からAK47で60発余り撃ち込むという、かなり残酷なものでした。

北アイルランド(イギリスの一部)の抗争-ロイヤリスト(イギリス寄り・プロテスタント)とリパブリカン(アイルランド共和国寄り・カトリック)の争いのピークはたぶん70~80年代で、1998年の和平協定(でいいのかな?)以降は、かなり穏やかになり、カトリックとプロテスタントの子供の混成学校が作られたりして、両サイドの歩み寄りが進んできているのに、この射殺事件の犯人のような死に損ないのIRAテロリストが、定期的に出てきては邪魔をする...怒りがわいてきます。本当に独立が目的なら、スコットランドを見習えばいいのに。(...スコットランドは2014年にイギリスから独立するかどうかの国民投票するんですよ) ただテレビでちらっと耳にしたんですけど、IRAに武器を流していたのはリビアの旧カダフィ政権らしいので、そっちの事情でIRA(この事件を起こしたのは、「Real IRA」という分派)が力尽きるということも有り得るのかな...?



北アイルランドの首都ベルファストに行くと、そういう傷だらけの歴史を感じさせる壁画(mural)があちこちの家の壁に見られる区画があります。二、三年前に旅行したときにたくさん写真を撮ったので、興味ある方はクリックしてください。(超デカイので、後日、縮小します)


6.jpg

4.jpg

3.jpg

12.jpg

13.jpg
抗争が激しかったころ、プロテスタントが住む区画とカトリックの区画を隔てていたフェンス。


14.jpg

15.jpg

history.jpg
壁に書かれている言葉「History is written by the winner (歴史は勝者によって記される)」


7.jpg

8.jpg

9.jpg

1.jpg

2.jpg

free-derry2.jpg
この家がある町の名前は「ロンドンデリー」ですが、リパブリカン(過激派とは限りません)は嫌がって「フリーデリー」と呼ぶんだそうです。





スポンサーサイト

リャマの写真

うちの近所の牧場で飼われているリャマ。(* 10/15 追記 実はアルパカの可能性大)

llama1.jpg
もこもこしてかわいいなぁ! 右端の後ろを向いている茶色のリャマ、プードルのようだ。

llama2.jpg
なんてバランスの悪そうな後ろ姿!(余計なお世話ですね) 

llama3.jpg
このように羊と一緒に飼われています。なんのためかは分かりませんが。大学の隣にある牧場なので、農業科の生徒さんたちが授業の一環で飼育しているのかもしれませんね。

イギリスの写真

ウェールズとイングランドの国境線は、8世紀、イングランド中南部にあったマーシア王国のオッファ王がウェールズの侵略を防ぐために築いた土塁のコースとほぼ同じです。


位置関係の参考までに、以前描いた地図を...。
map.png

この土塁、"Offa's Dyke(オッファズ・ダイク)"と呼ばれていて、南北約293km(182mile)、大半が原っぱや森や山で、ハイキングコースとしてなかなか人気があるようです。

実は、夫がひとつき程前に、このオッファズ・ダイクを南端から北端まで7日間で歩くという募金活動を兼ねたチャレンジを敢行いたしまして、そのときの写真をいくつか披露させていただきます。(私は野宿するの苦手だし、歩くの遅くて足手まといになるから、同行しませんでした)

acorn2.jpg
道標。ウォーキング・コースは「ドングリ」が目印。

dyke1.jpg
土塁(の名残り)。

acorn.jpg
このドングリ印を辿っていく限り、道に迷わない。

knighton.jpg
ルート上にある町のひとつ。"Knighton(ナイトン)"

bridge.jpg
どこかよく分からないが、有名な水道橋らしい。

view2.jpg
典型的なイギリスのいなかの景色。

red-kite.jpg
「パウイス」豊かな自然で有名なウェールズ中部の自治体。シンボルマークは、レッドカイト(アカトビ)。
ウェールズでは、標識はすべてウェールズ語と英語で併記されています。

heath1.jpg
原っぱ一面のへザー(ヒース)。


ああ、私が同行していれば、もっとドラマチックな写真が撮れたのに!
な~んて。夫よ、ごめん。



プロフィール

ブッチ

Author:ブッチ
ランキング参加中。押してくださるとうれしいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブロとも一覧

あたたかいものをとどけに

bulle de savon - mobile page -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。